ELOISE's Cafe -エロイーズカフェ
  • CONCEPT

    明治時代から軽井沢で夏を過ごしてきた一人のアメリカ人女性、エロイーズ・カニングハム。音楽を愛し、軽井沢に親しんだ彼女が、音楽家を目指す若者たちのためのホールを建てました。設計を担当したのは建築界の巨匠・吉村順三。30年余りの歳月を経て、青少年たちの夢を見守り続けたホールは雨風で傷み、取り壊しの危機に。その夢と貴重な建築を守り、受け継ぐべく、2015年にカフェ&シェアハウスとして新たな物語が始まりました。

  • 南ヶ丘別荘地

    軽井沢駅の南側、軽井沢ショッピングプラザからも徒歩圏内に位置する、軽井沢でも有数の伝統ある高級別荘地。白洲次郎らを中心に、格式高い軽井沢ゴルフ倶楽部が完成。ゴルフを通しての社交場として栄え、やがて晴山ゴルフ場や72ゴルフ場などが次々と作られた。ゴルフ場の周囲には静かな別荘が広がっている。

  • ハーモニーハウス Harmony House

    1983年、日本の青少年の音楽教育に生涯を捧げたエロイーズ・カニングハムが、音楽を学ぶことを目的とした若者たちのために、練習場兼音楽ホール「ハーモニーハウス」を建設した。吉村順三が設計を担当。老朽化により修繕が必要となり、一時は解体の危機に。2015年に、建物を維持・保存するためにカフェとして活用が始まった。

  • エロイーズ カニングハム Eloise Cunningham

    宣教師の両親と共に明治時代から軽井沢を訪れ、戦前まで毎夏を過ごしてきた。戦時中はアメリカの大学で音楽教育を学ぶ。戦後に再び来日し、音楽教師を務めた。1939年に「若き人々のための交響楽演奏会」を開催、子供のために毎月無料コンサート活動を行う。1983年、音楽を愛し、音楽を学ぶことを目的とした若者たちのために、練習場兼音楽ホール「ハーモニーハウス」を建設。人種・宗教に関わりなく、大切に使われることを希望していた。1987年に勳四等瑞宝章を受章、1999年の100歳祝賀・青少年音楽協会60周年記念シンフォニーコンサート(日比谷公会堂)の翌年、西麻布の自宅にて生涯の幕を閉じた。

  • 吉村順三 Junzo Yoshimura

    東京美術学校建築科(現東京芸術大学)で学ぶ。卒業後、1931年にアントニン・レーモンドに師事。モダニズム建築を体現するとともに、レーモンドに日本建築を伝え、日本の伝統とモダニズムの融合を図った。エロイーズ・カニングハムの西麻布の自宅は、レーモンドが設計を手掛けている。軽井沢のハーモニーハウスとエロイーズの別荘となったメロディーハウスは吉村順三が設計し、師弟に受け継がれる建築様式や精神性が窺える。主な作品として奈良国立博物館新館や八ヶ岳高原音楽堂が有名。文化功労賞、勲二等瑞宝章などを受章。